« ニコレットの用法に従って(BlogPet) | トップページ | 元気の出る音楽 »

2007.03.08

月曜日の受診

こんにちは。根岸のねこです。

月曜日に、糖尿と精神科の両方の病院に行って来ました。一日がかりの上電車が乱れて、たいへんな一日でした。

糖尿はインシュリンの単位数が増量され、本格治療となりました。
食事療法も再教育を受けて、忘れていた基本をいくつも習ってきました。

インシュリン療法は、疲れたすい臓(インシュリンを作る臓器)を休ませながら血糖値の安定を図ることが、私の場合の目的です。
そのため毎食事の前の注射で、食後血糖の急上昇を抑え、寝る前の注射で一日の基礎分のインシュリンの補給を行います。食前のインシュリン注射は超速攻型、寝る前のインシュリン注射は中間型といって薬も作用も大きく違います。

食事療法で忘れていたのは、血糖が一定ラインを超えてる時間が少ないほどいいということです。
そのために、各食事の量を守ることつまり貯め食いや欠食をしないこと、休日だけの特別なんてのもだめです。
各食事ごとに、栄養素バランスを守ること、野菜は血糖の急上昇緩和、たんぱく質はインシュリンの製造の材料ということで、偏らず量を守るようにします。
ついダイエットの考えになってしまって総量を減らすことばかり考えがちだったし、各食事の山谷や偏りも多かったです。野菜を夜にまとめ取りしても、ダイエットならいいのに血糖には余り意味がないということを認識しました。朝昼食べて夜質素もだめなのでした。
そしてこういう食事は無理して作るのではなく、コンビニ食なども交えるという柔軟さが必要とも言われました。
作る側にしてみれば大変なのですから。
火曜水曜とやって、量が逆に増えてるように錯覚するようにたくさん食べてる感じで、満足感は逆に増えてます。

精神科は、眠くなる対策としてさらにお薬を1種類減らされました。
精神的には安定しているとの認識です。
でも今日も眠くなり朝と夕方に数時間ずつ眠ってしまいました。

診断書については、糖尿の方は、血糖値の動きを見ていくので、状態が安定したかどうかで来月上旬に診断を下すとのことです。ヘモグロビンA1cの値だけでなく総合評価だということです。
精神科の先生は、いま休業の必要はないという判断で、休職解除の診断書もいつでもOKとのことです。

(今日の食事)
朝:バターロール2個、ロースハム薄切り4枚、キャベツの千切り一掴み
昼:たけのこ弁当(ご飯、たけのこ、鳥の照り焼きひとかけら)、白菜キムチ、ゆで卵1個、牛乳1杯
夜:おにぎり2個、さわらの蒸し焼き、キャベツの千切り

(今日の運動)
できず。出かけたのは昼食購入のみ。朝、夕方に昼ねをしてしまう。

(その他)
妻の母入院。妻は昼に出かけて、夜遅く帰宅。

|

« ニコレットの用法に従って(BlogPet) | トップページ | 元気の出る音楽 »

コメント

おはようございます。あゆざかさんのページから来ました。

僕も以前、血糖値が高いと言われ、栄養指導を受けたことがあります。毎日食べたものをカロリー計算すると長続きすると思います。探せばフリーでもいろいろ有用なソフトがあります。僕も数年前使っていました。

しかし、せっかく減らした体重も鬱で休んだ時に無性に甘いものが食べたくなり5キロぐらい増えてその後高め安定状態です。

2ヵ月半ほど休んだ後は、以前と違って比較的余裕のある職場に異動となったので、何か新しくすることを試行錯誤し、今では毎日歩数計の結果を記録するのが趣味となっています。

ちょっと長くなりましたが、どうぞよろしく。

投稿: bjg | 2007.03.08 05:33

単位設計まではできそうだけど、実際の単位計算ってめんどくさいですよね。
外食したときの単位数もどうしたらいいか。(いちおう糖尿病患者のための外食メニューの本は買ってきたけど。)
野菜のまとめ食いは糖尿には効果ないのですか。私は夜は野菜鍋ばかりだな(ご飯粒は食べない。炭水化物ゼロの晩ご飯)。でも、私の場合は標準体重を20kgほど上回ってるから、ダイエット優先で行かないと。
いろいろと面倒なのですねー。
私ももう一回、食事指導受けようかなー。

グルコシターゼ阻害剤(ベイスン)を飲んでるなら砂糖はそこそこ摂ってもOKなのかなー。私は甘い物食べれないのが辛いです。パルスイートに頼る生活。コンビニのお菓子が食べれません(/_;)。

奥様も、献立考えるの大変ですね。お疲れ様です。

投稿: くりにゃー | 2007.03.08 07:30

こんにちは sr400yoshiです
 先日はコメント欄に長く書いてしまってごめんなさい…反省しております…書き忘れましたが、あの詩は高村光太郎の「道程」です…「しまった、長く書きすぎた!」と思った時には送信した、あとでした…
 病院の梯子は大変ですよね…私も昨日は、歯医者の定期健診と椎間板ヘルニアの処置治療と、医者の梯子でした…ヘルニア持ちなのに、バイクで医者回りして、医者に「今度、転倒したら、手術だと思っていいからね」と警告されております
 加齢とともに医者回りがふえていくような気がしています…ねこさんも、お身体を大事にしてください…ではでは

投稿: sr400yoshi | 2007.03.08 12:16

コメントありがとうございます。
とてもうれしいです。

bjgさん こんにちは。
はじめまして。よろしくお願いします。

カロリー計算ソフトですか。なるほど長続きするかもしれませんね。
どの栄養士さんでも、カロリー計算なしでどうやってやらせるかを悩んでらっしゃるから、逆転の発想ですね。

私の栄養士の場合は、単位数での指示ですが、どちらかというとご飯の量、おかずの大きさのイメージ、野菜の加工例を絵的に見て憶えてくださいの方法です。
朝はバターロール2個にパックのハムかスライスチーズのいずれか一方と、何でもいいから野菜(未加工)を手のひらに乗る程度の分量(温野菜なら少なくてもOK)という感じです。
昼夜は、ご飯、おかずはコンビニの幕の内弁当程度、野菜は朝と同じです。あと1日200ccの牛乳とバナナ1本程度の果物(果物は2回に分けるといい)という感じです。
これで1680Kcal(21単位)です。

万歩計はいいですよね。私も買いなおす予定(どこにあるか不明だから)。1日1万歩いけばいいのですが、なかなかですよね。
一駅分30分の往復ができると最低量だそうです。

くりにゃーさん こんにちは。
ダイエットも大事ですが、糖尿病食はバランスが全てに近いみたいです。
野菜はたくさんとってもNGではないけど効果は無いに等しいそうで、毎食で食べないとだめみたいですよ。
bjgさんに書いたようなイメージ量でもいいのですが、栄養指導はもう一回うけてもいいと思いますよ。こつと理由を聞くことが大事みたい。

外食は残すことが大事だそうです。
単品で選べる店なら、ご飯は最小の茶碗を取って、おかずは1品、小鉢は野菜にしたらいいんです。
うどんやだったら、野菜とタンパクをうまく取れるように具を選んだり、親子丼のようなものなら、バランスはいいから涙を呑んで半分残すとかするとかでしょうね。
意外と食べられない店は少ないようです。

砂糖とかお菓子はだめですね。6gはいいのですが、調理に使われてるので、1600Kcal程度ではまったく余裕が出ないです。
パルスイートはOK。私も紅茶やホットミルクは甘いほうがいいので、持ち歩くといいみたいです。

sr400yoshiさん こんにちは。
長くてもOKですよ。うれしかったです。ありがとうです。
病院のはしごは時間が大変。時間通りに順番来ないから、同じ病院内でも次の予約との兼ね合いで受付の人がばたばたと時間の再設定に走ります。
よそとの掛け持ちだとそわそわします。2時間以上の余裕を持たせないと移動時間や食事時間がなくなります。(月曜は昼食時間がなくなりました)

投稿: 根岸のねこ | 2007.03.08 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80757/14185012

この記事へのトラックバック一覧です: 月曜日の受診:

« ニコレットの用法に従って(BlogPet) | トップページ | 元気の出る音楽 »