« 正確には(BlogPet) | トップページ | ニコレットの用法に従って(BlogPet) »

2007.03.04

とうとう出勤を停止されました

こんにちは。根岸のねこです。

インシュリン注射も一週間目で、月曜日には注射するインシュリンの量を本格的に増量することになってます。
注射は思うほどの負担でなく、会社での注射もほとんど気になりませんでした。
まだ外食時の注射は試していませんが、シャツのおなか部分の一部を30秒くらいめくるだけで済むので、男性の私ならなんとか注文後の待っている時間でさっと注射できそうです。

悲しいことですが、もちろん自業自得なのですが、会社から休職(医療措置の出勤停止)を宣告されてしまいました。
また復職するには、産業医、上長との面談の上、1ヶ月程度の無給料での出勤で十分な出勤率が示して、さらに面談でOKであれば復職ができるそうです。

最初の面談は診断書があればできますが、最低1ヶ月程度は面談してもらえる可能性はなさそうです。
それどころか面談してくれるのかも不安です。
休職中は社会保険料ほか月10万円以上の会社への振込みが必要なので、お金の問題で退職が必要かも知れません。

復帰を前提に練習と治療を続けます。
くじけないようになんとかがんばらなければと思っています。

|

« 正確には(BlogPet) | トップページ | ニコレットの用法に従って(BlogPet) »

コメント

こんばんは、うつをです。
そうですか、残念な状態になってしまいましたね。でも、こればかりは仕方がない。何せ病気なんですから。
ご自身も仰ってる様に、挫けない様に頑張って下さい。応援しています。
また、遊びに来ますね。

投稿: うつを | 2007.03.04 18:30

コメントありがとうございます。
うつをさん こんにちは。
できるだけ強い気持ちを持ち続けるようにと思っています。
とはいえしばらくは、よくなったり悪くなったりになりそうです。
私も早くそちらに回りたいです。

投稿: 根岸のねこ | 2007.03.04 18:49

驚いて駆けつけました。ショックです。
精神的にはもちろん、経済面での負担もきつそうですね……。
自業自得だなんておっしゃらないでくださいませ、意図的になにかわるいことをしたわけではないのですから。
どうかこのお休みが、根岸のねこさんにとっていい時間となりますように。十分に休まれてから、復職がかなえられることを心から心からお祈りいたしております。

投稿: 麻里 | 2007.03.04 19:10

こんばんわ。
そうですか、それは仕方が無いですね。
さぞかし、「辛い」でしょうが・・・。
挫けずに、「前へ」進みましょう。
それから、「病気」に負けないでください。
自分も、応援しています。

投稿: H・K | 2007.03.04 19:49

おひさしぶりです。りんごです。
厳しい状況ですね。
会社は病んだ職員には冷たいです・・・。
世間をあまり知らない精神科医は「復職を焦らずゆっくり休め」なんて言うけれど、復職を意識しないわけがないですもの。正直なかなか休みきれないかもしれませんが、なんとか・・・うう、なんて声をかけていいか分かりません、ごめんなさいです(~~)、良い結果になるよう祈ってます。

投稿: りんご | 2007.03.04 21:32

根岸のねこさん
なんていっていいのか・・・

生活のことを心配しないでゆっくり休めるといいのですが、
そんなこと我々一般人には無理ですものね。
でも、焦っても仕方のないことと割り切って強い心を持ってこの場を乗り切ってくださいね。
1日も早く復職できることを祈っています。
応援していますよ。。。

投稿: さちさん | 2007.03.04 22:32

うーむ。メンタルも落ちてましたから、会社への出社ができなくなってしまったことによるのでしょうか。休みがちならば、徹底して休め、ということなのかな。
まさか、糖尿を理由に出社停止ですか?
糖尿自体は、インスリンで適切な血糖値コントロールしておけば、疲れやすいなどの業務に支障の出ることはないはずなのですが。
産業医が、どこか見るべき点がずれている気がします。

(ちなみに、私は入院した朝の食後血糖が 493mg/dl をマークしたもんだから、主治医が血相変えてやってきて、インスリン投与になりましたのよ。毎食後8単位で、夜6単位でした。今は、混合型(超急速と中間型の50:50混合)を朝と夕に10単位ずつです。)

投稿: くりにゃー | 2007.03.04 23:15

根岸のねこさん、おはようございます。

大変なことになってますね。今の企業は病気を持ってる人に冷たいから、やりきれないですね。一番周囲の守りが必要な時に突き放されるのはホントにつらいと思います。決して自業自得ではないと思いますよ。病気になりたくてなってる人は、一人もいないはずです。

なんとも言葉がみつからないのですが、先のことよりも、当面は目の前のことをしっかりと見据えましょう。全てはそこからだと思います。

無理をしないで、身体のことを一番に考えてくださいね。

投稿: かな | 2007.03.05 08:40

こんにちは sr400yoshiです

どこかに通じてゐる大道を僕は歩いてゐるのぢやない
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
道は僕のふみしだいて来た足あとだ
だから
道の最端にいつでも僕は立つてゐる
何という曲がりくねり
迷ひまよつた道だらう
自堕落に消え滅びかけたあの道
絶望に閉ぢ込められたあの道
幼い苦悩にもみつぶされたあの道
ふり返つてみると
自分の道は戦慄に値ひする
四離滅裂な
又むざんな此の光景を見て
誰がこれを
生命の道と信ずるだらう
それだのに
やつぱり此が生命に導く道だつた
そして僕は此処まで来てしまつた
此のさんたんたる自分の道を見て
僕は自然の廣大ないつくしみに涙を流すのだ
あのやくざに見えた道の中から
生命の意味をはつきり見せてくれたのは自然だ
僕を引き廻しては眼をはぢき
もう此処と思ふところで
さめよ、さめよと叫んだのは自然だ
これこそ厳格な父の愛だ
子供になり切つたありがたさを僕はしみじみと思つた
どんな時にも自然の手を離さなかつた僕は
たうとう自分をつかまへたのだ
恰度その時事態は一変した
俄かに眼前にあるものは光りを放射し
空も地面も沸く様に動き出した
そのまに
自然は微笑をのこして僕の手から
永遠の地平線へ姿をかくした
そして其の氣魄が宇宙に充ちみちた
驚いてゐる僕の魂は
いきなり「歩け」といふ声につらぬかれた
僕は武者ぶるひをした
僕は子供の使命を全身に感じた
子供の使命!
僕の肩は重くなった
そして僕はもうたよる手が無くなつた
無意識にたよってゐた手が無くなつた
ただ此の宇宙に充ちみちてゐる父を信じて
自分の全身をなげうつのだ
僕ははじめ一歩も歩けない事を経験した
かなり長い間
冷たい油の汗を流しながら
一つのところに立ちつくして居た
僕は心を集めて父の胸にふれた
すると
僕の足はひとりでに動き出した
不思議に僕は或る自憑の境を得た
僕はどう行かうとも思はない
どの道をとらうとも思はない
僕の前には廣漠とした岩畳な一面の風景がひろがつてゐる
その間に花が咲き水が流れてゐる
石があり絶壁がある
それがみないきいきとしてゐる
僕はただあの不思議な自憑の督促のまま歩いてゆく
しかし四方は氣味の悪い程静かだ
恐ろしい世界の果へ行つてしまふのかと思ふ時もある
寂しさはつんぼのやうに苦しいものだ
僕は其の時又父にいのる
父は其の風景の間に僅しながら勇ましく同じ方へ歩いてゆく人間を僕に見せてくれる
同属を喜ぶ人間の性に僕はふるへ立つ
声をあげて祝福を伝へる
そしてあの永遠の地平線を前にして胸のすく程深い呼吸をするのだ
僕の眼が開けるに従って
四方の風景は其の部分を明らかに僕に示す
生育のいい草の陰に小さい人間のうぢやうぢや匍いまわつて居るのも見える
彼等も僕も
大きな人類といふものの一部分だ
しかし人間は無駄なものを棄て腐らしても惜しまない
人間は鮭の卵だ
千万人の中で百人も残れば
人類は永久に絶えやしない
棄て腐らすのを見越して
自然は人類の為め人間を沢山つくるのだ
腐るものは腐れ
自然に背いたものはみな腐る
僕は今のところ彼等にかまつてゐられない
もっと此の風景に育まれて
自分を自分らしく伸ばさねばならぬ
子供は父のいつくしみに報いたい氣を燃やしてゐるのだ
ああ
人類の道程は遠い
そして其の大道はない
自然は子供達が全身の力で拓いて行かねばならないのだ
歩け、歩け
どんなものが出て来ても乗り越して歩け
この光り輝やく風景の中に踏み込んでゆけ
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ父よ
僕を一人立ちにさせた父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の氣魄を僕に充たせよ
この遠い道程の為め

投稿: sr400yoshi | 2007.03.05 09:04

根岸のねこさん、こんばんは~

大丈夫でしょうか。。。。

いくつものハードルがあって、それを乗り越えることが
人生なのでしょうか・・・・

事柄はちがいますが。。。。
私も生まれてから20歳くらいまで
本当にその連続でした。

これでもか、これでもか・・・
ってくらい私にいろんなことが襲い掛かってきたことがあります。

自分ではどうにもならない問題でした。

それでも、いろんな人に励まされ、
いろんな人に助けられ・・・
いつかきっといいことがあるって信じて
毎日必死に生きていました。

ねこさん、
つらいですね・・・なんて励ましたらいいのかわかりません。

まずは、健康を。 

くじけないように・・・時々はグチもはいて・・・・
ちょっとづつ前に進めますように。。。心から願っています。

投稿: りりぶん | 2007.03.05 20:43

コメントありがとうございます。
みなさんのたくさんのコメントがとてもうれしいです。

麻里さん こんにちは。
気持ちを立て直して、今日は朝食後、1時間ほど歩く運動できました。
朝も予定通りおきて、いままで居眠りも無くすごしました。
もっともお昼にとてもだるかったのですが。
お昼ごはんが夕方になったのは、ちょっとNGでしたが、食事内容は今のところまあまあです。
1ヶ月の休みは確定なので、少しずつの運動をやっていきたいです。

H・Kさん こんにちは。
毎度、病気にはくじけそうですが、なんとかゆっくりペースでがんばってます。
悲観と楽観が交互に来ますが、楽観が多くなるといいなと思ってます。

りんごさん こんにちは。
ほんとにうまく行かないものです。
今回は休みたくての休みではないので、就業不能の診断書も要らないし、復帰への不安も少ないので、ちょっと楽です。
むしろ精神科の先生は今回は休職反対なので、糖尿病しだいです。

さちさん こんにちは。
今日はちょっと元気が出ていて前向きに戻ってます。
とりあえず足るかどうかは別にして、復帰後の積み立てしかなくなった財形貯蓄や持株会の株の処分でお金を作って、早く復帰できるようがんばっています。
応援ありがとうございます。

くりにゃーさん こんにちは。
やっぱり欠勤期間と病気ですが、病気は糖尿数値の方が産業医に睨まれてます。
産業医は、機械的にA1c 10.0以上であれば私の場合だめみたいです。
糖尿病の先生は、インシュリンで血糖コントロールができたとみなせば、出勤可能の診断書を書くそうですが、産業医対策としても、なんとしてもA1cが上がらない計画的食事をして、下がったことをアピールする必要があるみたいです。もともと産業医によく思われてないので、ちょっと心配です。なにしろ努力は必要ですが、抗うつ薬はA1cを上げるそうなので、努力外の部分もあり、治療している糖尿病の先生の意見を聞いてくれるといいのですが、いままでも治療状況にも興味が無くただ数値主義なので困っています。
昨日から、インシュリンは朝4単位、昼夜各6単位、寝る前(中間型)6単位です。
160以上の血糖値の時間がA1cを上げるので、野菜による血糖上昇の平均化と、たんぱく質定量摂取での体内インシュリンの製造支援、炭水化物の量を多く取りすぎず(たんぱく質も多すぎないよう)、油への注意(血糖とインシュリンのドッキングを悪くするから)、そして少量の果物でのビタミン摂取をがんばります。

かなさん こんにちは。
元気が出てきたので、食事と運動と規則正しい生活(昼の眠気に耐える)をがんばります。
自分を責めるより、不摂生を直して、この機会に歩いて、健康を目指します。
毎日心が元気とは行かないけど、やるしかないですからね。

sr400yoshiさん こんにちは。
コメントありがとう。
全部は分からないけど、こうならないといけないという人生ではないのだから、試行錯誤の連続だけど、なんか耐えているばかりに思えるけど、これが人生なのだから正解は無いわけだし。
みんな報われるわけでもなく、でも幸せも十分に私はあるから、それを喜びつつ先でまた楽しみが待っていると信じて生きます。
ありがとう。

りりぶんさん こんにちは。
こうしてコメントしてもらえるだけで、たくさんのものをいただいている気がします。
いい機会だし、今回はうつ病による不安はほとんど無いから、食事を整えて運動して健康を作りたいです。
煙草も止めれたし、お酒も飲まなくても大丈夫だし、甘いものが取れないのはきついけど、ダイエットコークもあるし、結構いい思いはできてるから。
ありがとうございます。

投稿: 根岸のねこ | 2007.03.06 21:20

こんにちは。たかこです。

記事を読んでいて、私の高校時代の出来事を思い出しました。
今思えば、そのときが症状がいちばん重く、いわゆる心神耗弱状態でした。
中学時代不登校だった私が猛勉強して合格した高校でした。
成績もある程度はとれていて、皆が面倒くさくて帰る中、私はひとりで掃除をしていました。生活態度も自分では問題はなかったと思いますが、やはり先生には「やる気がない子、自分の気持を表情や口に表わせない子」という印象を持たれたようです。

担任は味方をしてくれましたが、学年主任というのが嫌な人で面談で素直な自分の気持を話しても「君は正直だね」などといって馬鹿にして笑い、心神耗弱状態の弱いところに漬け込んで散々傷つくことをいわれました。「明日から一日も休まずに学校に来なければ、退学処分にする」と言われたときは「ああ、私の人生これで終わったな」と思いました。

精神科に行く必要があると理解者に言われたのは、自主退学後で、在学中に病気だと判明し、医者の診断書が出ていたなら、学年主任の対応、措置は変わっていたでしょうか。
とにかく私の生涯で一番憎らしい人間は学年主任です。

自分のブログに書くようなことをねこさんのブログに書いてごめんなさい。
このコメントを読んで意見があるかたは私のブログのコメント欄におねがいします。

おそらく会社に貢献し、実証を示し、頑張ってきたねこさんが、そんな宣告されるなんて。厳しいですね。会社に貢献してきた人間に、心ある上司(?)ならもっと寛容に対応することができないでしょうか。

気の利いたことはうまく言えませんが、ねこさんが健やかになりますよう、ねこさんにとって良い方向に物事が動いていくよう心から祈っています。

これを機に「根岸のねこ」さんから、「ねこさん」と呼ぶようにしますね。

投稿: たかこ | 2007.03.07 10:28

根岸のねこさん こんばんは。
お久し振りです。
ご無沙汰しておりましたが、最近はお辛いご様子だと拝察しておりました。

 詳細な事情はわからないので、無責任なことは僕には言えないのですが…。
 とにかく体調と相談しながら、どうか粘り強くなさって下さい。景気が良くなってきたとはいえ、退職はかなりのリスクです。会社も人手不足のはずですから、根岸さんの力が必要なはずです。みなさんもおっしゃる通り、どうかくじけず…。

投稿: あゆざかけい | 2007.03.07 20:48

コメントありがとうございます。
応援のコメントを毎日のようにいただけることに、幸せを感じています。

たかこさん こんにちは。
たかこさんの経験を書いていただけるの、うれしいです。
理不尽なことは世の中たくさんあります。
私の場合は、生活習慣病もありますから自分の責任が大きいと思ってます。また何度も休職していますし。
たかこさんの場合は、ちょっとひどいですよね。
そんなに前の話でないわけですから、教師でありながら、学年主任という責任ある立場で、社会の常識を外れたことをされて、「明日から一日も休まずに学校に来なければ、退学処分にする」なんて犯罪的な言葉です。
「ねこさん」でうれしいですよ。
応援ありがとうです。

あゆざかさん こんにちは。
いまはなんとか「会社の給料」にくっついていけるようがんばります。
今の私の課題は糖尿で、自分で治せる病気ですから、食事と運動がんばります。
といいながら、今日は運動できなかったのですが。
ゆっくりがんばります。

投稿: 根岸のねこ | 2007.03.07 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80757/14129360

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう出勤を停止されました:

« 正確には(BlogPet) | トップページ | ニコレットの用法に従って(BlogPet) »