« っていってたの(BlogPet) | トップページ | キッチンさんへ »

2007.01.02

宇宙航行

こんにちは。根岸のねこです。
今年も?食べて寝るの正月を過ごしています。
どこかに行きたいと思うけど、ゆっくりして体を休めるのもいいみたいです。
さっきまでは録画してあったM1グランプリを見てました。
漫才が上手かどうかだけで争われるというのは(ただし結成後10年以内の制限がありますが)、貴重なイベントだと思い見てました。
今はテンポのよさと、ボケも突っ込みも両方が楽しいコンビがうけるみたいです。
当たり前ですが、早く観客をつかむことも大事みたいです。
昔の漫才のようにのんびりした雰囲気のものはいい点を取れないみたいでちょっと残念です。

唐突に話が飛びますが、宇宙旅行の話です。
宇宙旅行ってどんなものがあるのかな。

光の速度を超えるもので一番有名なのは「宇宙戦艦ヤマト」でしょうか。
波動エンジンで光速を超えるということになってます。
具体的な仕組みは書かれていませんが、イメージとしては光より速い「タキオン」のようなものの反動で飛ぶのでしょうか。(ちなみにタキオンというのは物理学の世界で想像されているもので、アニメ用の言葉ではありません)
あと艦内に重力があるので、重力制御ができることが前提みたいですね。
そうでないと加速した瞬間にぺしゃんこになりますからね。

スタートレックというアメリカのドラマ、映画があります。
これは多分「ワープ」と言う言葉を一番先に流行らせたのではないでしょうか。
このシリーズでは「転送」という言葉も出てきます。人や荷物をエネルギーに変えて惑星などに船を下ろさずに移動する技術ですが、これは「ビームイン」という言葉が「転送」という日本語に置き換わったため、いまでも日本語版は「転送」なのです。
もし「ワープ」が「超光速飛行」と訳されていたら、「宇宙戦艦ヤマト」ではどうなったのでしょうね。
このシリーズでは、反物質エンジンというのを使ってますが、後のシリーズも考慮すると特殊な重力のひずみの空間を艦の回りに広げて、アインシュタインの光速の限界の理論をうまくかわしています。
この考え方は加速時にぺしゃんこにならない理由にもなっています。周りの空間は泡のようになっていて、空間ごと移動するので、泡の中にある宇宙船は加速度を感じなくて済みますから。
SF小説でもよく使われる方法ですね。

最後に「スターゲート」というアメリカのTVシリーズでは、宇宙船ではなく古代異星人が銀河系のいろんな星に残した金属の輪を通過していろんな惑星に行くお話しです。
毎回違う惑星を旅することができるというのは、TVシリーズとして便利です。
ちなみにアイデアは、映画版スターゲートを参考にしたもので、マクガイバーで有名なリチャード・アンダーソンが興味を示してTVシリーズになりました。

光の速度を超えない遠距離航行は、光を反射して航行する「ライトセル航法」。
これは加速用として使うだけでなく、忘れがちですが目的地での減速にも使われます。
必ず恒星のあるところに行くので便利な方法です。

宇宙空間の水素を取り込みながらそれを核融合させて噴射する「パザードラムジェット航法」
これは、特殊な磁場と、ある程度の高速が得られれば技術的に可能といわれています。
この方法も中間点で船を反転させて逆方向に噴射することで目的地までに減速します。

どちらの方法でも、長距離を何百年もかけて移動するので、映画エイリアンのような「冷凍睡眠」、船全体が植民地のように生活できる「コロニー型」があります。

なんともうまくまとまらなかったのですが、せっかく書いたので投稿します。

|

« っていってたの(BlogPet) | トップページ | キッチンさんへ »

コメント

こんばんわ。
こちらは、「正月」は、ほとんど「寝正月」です。
けど、昨日「岐阜・アピタ」へ行きました。
人は・・・、それほど足したことが無かったようです。
・「宇宙旅行」に関して。
テレビの話によると、「宇宙旅行」が出来ると聞きました。
(実際に聞いた話です。)
確か、1回だけで「○○億円」と聞きました。
お金は、流石に高いと思いました。
でも、これは、興味のある人しか、出来ない「旅行」」だなと思いました。

投稿: H・K | 2007.01.03 20:12

コメントありがとうございます。

H・Kさん こんにちは。
そう、お金と何ヶ月もの訓練と身体検査に合格するといけるんですよね。
海外旅行の気分で地球を眺めてくるツアーができればいいですね。

投稿: 根岸のねこ | 2007.01.03 20:18

こんばんは。コメントありがとうございました。改めてあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。何か今日の記事は面白いですね。根岸のねこさんはいろんな事を知っておられるのでびっくりします。きっと頭がいいのですね。今日の記事は何か楽しそうなので調子が良いのかなと思って安心しています。たまに記事が続かないと心配してます。いつもおじゃましているのですけど、コメントの多さに圧倒されて書けなくなってしまいます。コメントが多いのは根岸のねこさんの徳ですね!

投稿: naoko | 2007.01.05 00:04

「宇宙旅行」夢があって素敵ですね。
私の中でねこさんの文章からうけるイメージは理系な知識に文系の頭脳。です。
医学を学んだ人や経営者(これは理系ではないけれど)の書かれた本を読んだときと同じような感覚を受けます。たとえば眼に見えにくい情報を相手にわかりやすく噛み砕いて伝えてくださるところや、知識が整理され体系化されているとおもうところ、「すごい!」と思うことばかりです。
わたしも負けぬようもっともっと貪欲になりたいです。
今年もよろしくお願いいたします^^

投稿: yui-520 | 2007.01.05 00:59

遅くなりました(-"-;)
明けまして おめでとうございます
「宇宙旅行」夢が広がりますね^^ 
根岸のねこさんにとって'07年は
穏やかな年になりますよう願っています
今年もよろしくお願いします

投稿: 風香 | 2007.01.05 09:47

コメントありがとうございます。

naokoさん こんにちは。
こちらこそよろしくお願いします。

来たよだけでいいですからコメントしてくださいね。
そうなんです。面白い話題かなと思ってるんるん書いていたらたくさん書けました。
もっとも途中で力尽きてまとまりの無い終わり方になったのですが。
たくさんの人がコメントしてくれるのはうれしいです。
私がというより、毎日記事が書けないのにコメントしてくださる方々に感謝してます。
リンクにnaokoさんを加えました。気づかなくてごめんなさい。
リンクもこのブログが交差点のようになればいいなと思って最近作りました。

yuiさん こんにちは。
今年もよろしくお願いします。

そう、私も大学受験のとき理系か文系か迷いました。
結局、経営学に落ち着いたのですが、大学の間は遊んでばかりでしたがなぜか専門外の本ばかりたくさん読みました。
なぜか文系なのにコンピュータソフトの会社に入ったのですが、理系的にもなりきれず、気づくとお客さん対応の仕事や管理の仕事が多くなっていました。
プログラム作りがほんとは好きだったのですが。
でも今回の病気からの復帰でも、管理事務ができるので何とか仕事ができているという感じです。

風香さん こんにちは。
今年もよろしくお願いします。
やっと厄を抜けるそうなので、ゆっくりでいいから回復に近づきたいです。
新しいことにも少しずつ興味を持って、少し前向きさを強く出せればいいなと思ってます。

投稿: 根岸のねこ | 2007.01.05 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80757/13312338

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙航行:

« っていってたの(BlogPet) | トップページ | キッチンさんへ »