« そしてきのうこねこが(BlogPet) | トップページ | ご挨拶です »

2006.12.29

医療コーディネーター

こんにちは。根岸のねこです。
今日で今年の勤務が終わりました。
去年の12月に復帰して、3月までリハビリ第1段階の不安定な日々を続けました。
4月から事業部内取り纏めの部署に移動になり、不安定ながらも8月くらいまでは順調にいっていました。
8,9月あたりから肩と首の痛み、朝に全身が辛くなるなどの状態を経て、12月まで不安定な時期第2段階が続いています。
年休は使い果たしましたが、まだ4月まで3ヶ月あります。
体の調子を崩さないようにして、なんとか来年も働ければよいなと思っています。

spiritualMさんのブログで、医療コーディネーターなるものが取り上げられています。
この仕事の目指すところは、医師や看護師などの医療技術者が患者に説明する内容を分かりやすく伝えるというものです。
しかも、spiritualMさんは元々医療技術者ではないのですが、病院に雇われる形で、がん患者を専門とする医療コーディネーターの実務を勉強されています。
Googleで「医療コーディネーター」を調べてみたのですが、元看護師の人たちが協会を作ったり、個人的に事業として行われているのが多いみたいです。
今回、「病院が雇用する」という形と、「医療専門家で無い人を育成する」という点に興味を持ちました。

医療コーディネータの仕事を考えるとき、私は3つの仕事に分けられるのではないかと思いました。

1つは医学用語を分かりやすい言葉に置き換えて説明することです。
これは、知識の蓄積を行う方法(例えばコンピュータのデータベース)を作れれば、医療の専門家でなくても可能な業務です。
むしろコミュニケーションが上手な人や、学んだことを分かりやすく書き換えて情報管理することの上手な人が適任であるとも考えられます。

2つ目は、不安な患者さんの相談相手になることです。
精神的に不安定になる患者さんとその家族を支えてあげることも必要でしょう。
これも医療技術者であるかは重要な要素ではなく、患者さんの目線で分からないことや不安なことを聞いてあげて、医師や看護師との話し合いのときに、患者さんの質問が正しく伝わるようにしたり、メモやメールで面談時でなくても医師や看護師への質問を伝達して答えをもらうなどのサポートのできる人であることが重要になります。
ボランティアの経験者や、カウンセリングを得意とする人が適任なのでしょう。

3つ目は患者さんの意思決定の支援をするもので、癌であるならば手術か化学療法かなどの相談に乗ってあげる仕事です。
これは、医療技術者の知識と権威が必要な業務で、おそらくは医師しかできないことであるとも考えられます。
とはいえ医師の勧める治療方法が適当であるかを相談するならば、これを専門とするコーディネーターも必要であります。
経験と知識を保持する看護師を中心に作られた協会がありすでに実施されているようです。

現状での「医療コーディネーター」は3つ目の業務をさしているのが多いようです。
逆に、1つ目と2つ目の重要であるだろう仕事は、医師の説明に任されているようで、十分に行われていないように思えます。
そのことが今回、このブログを見て大きな興味を持った点です。
1つめと2つ目の業務を行える資格制度などが作られて、大きな病院に取り入れられればいいなと思います。
個人的にもこの仕事には興味があるので、今後の展開を見させてもらおうと思っています。

|

« そしてきのうこねこが(BlogPet) | トップページ | ご挨拶です »

コメント

こんばんわ。
・「勤務終了」について。
「仕事納め」ですか、それはお疲れ様でした。
ゆっくり休んでください。
その一言を言わさせていただきます。

投稿: H・K | 2006.12.29 21:20

コメントありがとうございます。

H・Kさん こんにちは。
ありがとうございます。
休みをゆっくり使いたいです。

投稿: 根岸のねこ | 2006.12.30 00:45

こんばんは、うつをです。
1年間、お疲れ様でした。ねこさんが不調にも拘らず頑張ってきたこの1年間は、うつをにとって大いに励みになりました。来年も無理せず、マイペースで頑張って下さい。
医療コーディネータの2つ目、うつをは大変興味があります。うつをも今後の展開を楽しみにしたいと思います。
また、遊びに来ますね。

投稿: うつを | 2006.12.30 18:09

コメントありがとうございます。

うつをさん こんにちは。
ありがとうございます。
来年も無理せずなんとか休みが少なくなるようにしたいです。
うつをさんも無理せずゆっくり進んでくださいね。

投稿: 根岸のねこ | 2006.12.30 19:12

ねこさま、こんばんわ。今回は、私でもわかるテーマで嬉しいです。しかも、当の本人より、とても適切に業務内容を文章化していただいたのでとても感心しました。といいますか、適切に文章化できていない自分がちょっと恥ずかしいです・・・。で、やはり、私が一番やりたい仕事は、2番目なのですね。でも、まだ、先を行くロールモデルみたいな方があんまりおられなくて、準備室の先生方も、それぞれで、もっておられるイメージが少しづつ違うようなのですね。また、まだ、本物の患者さんの面談をさせていただいてはいないので、どこに本当のニーズがあるのかわかりませんし、むしろ、一人一人で求めるものが違うのではないかしら、と考えたりして、それを的確に判断して、自分の力の及ぶ範囲でできるだけ、お気持ちに沿うということが求められているのだと思います。そう考えると、本当に自分で勤まるのかな?って思ったり、少し揺れてしまいます。あっ、私も鬱っぽくなる、あるいは疲れが溜まると肩から背中がとても懲ります。結構辛いですよね。何故か、主人はツボを抑えるのを心得ていて、指圧をして貰うと幾分ましになります。肩こりなども、体の声なのかな?って思ってみたりします。ここ押せ、ワンワン・・・みたいな感じ。来年が、ねこさまにとって良い年でありますように。

投稿: spiritualM | 2006.12.30 23:41

コメントありがとうございます。
spiritualMさん こんにちは。
あけましておめでとうございます。

私も私のイメージを書いてみたのです。
病気のせいもあるのかもしれませんが、今の仕事に行き詰まり感を感じていて、何か新しく自分の得意を生かせる仕事はないかと思っていました。
1つめも2つ目のことも、医療に素人でもできそうな私もできるかもしれないというのがあって、興味を強く持っています。

つぼを押してもらえるのはいいですね。私も妻にやってもらおうかな。
今は肩こりをミオナールという薬を使って抑えていますが、結構しんどいのです。

今年もよろしくお願いします。

投稿: 根岸のねこ | 2007.01.01 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80757/13246188

この記事へのトラックバック一覧です: 医療コーディネーター:

« そしてきのうこねこが(BlogPet) | トップページ | ご挨拶です »