« 飲酒運転どうやってなくすか | トップページ | 本日は疲れました »

2006.09.18

自動車社会の変革と命の大切さ

たくさんの飲酒運転の記事を見ていて感じたのですが、自動車社会も新しい考え方を導入するころになったのでしょうか。
飲酒運転も交通事故も、「自動車が減る」、「技術進歩」、「運転手の能力を高くする」、「ルールを変える」などの対策がなされるべき時期だと思います。
飲酒は今回の事故の通りですが、交通事故死者数も16年度は7358人の人が犠牲になりました。阪神大震災に匹敵する人が、毎年自動車で死んでいるのです。

私は「タクシーの効率的利用」を考えてはと思います。
タクシーは、客の有無にかかわらず、ほぼ同じ燃料を必要とします。車としての便利さも同じです。料金の高ささえ改良されれば、自分の車を使わない人もいるのではないでしょうか。

ある範囲の移動をタクシー奨励にするかわり、料金の公的補助を検討する。財源は、嗜好的車の利用者から税金を取るとか、バスの廃止、環境税の工夫、一番大きいのが道路工事、新設費の流用などいろいろ方法はあると思います。移動に自動車を共用できれば、自動車数を減らせます。渋滞で失われる社会コストを削減できます。

タクシーの増加は、失業対策にもなります。
タクシーなら自動車にレーダー等をつけて自動的ブレーキをつけ、事故を減らすこともすでに可能ではないでしょうか。技術の導入を義務つけるのも、商業車ならやりやすいでしょう。
タクシーは高級車が多いので、自動車会社も数の減少を高価格で補えるのではないでしょうか。
そして免許でもタクシー免許はレベルが高いので、事故の減少にさらに貢献します。

人の命は大切です。7358人の命が少しでも救えるならと思います。

|

« 飲酒運転どうやってなくすか | トップページ | 本日は疲れました »

コメント

 根岸のねこさん、こんばんは。

>>タクシーの増加は、失業対策にもなります。

 そうともいえません。
 現に今でさえタクシー台数は飽和状態です。
 今のタクシー運転手の中には、一生懸命働くより生活保護を受けた方がまし、という所得水準の方もいらっしゃるようです。
 また後述する理由からも意味はあると思いません。

>>タクシーなら自動車にレーダー等をつけて自動的ブレーキをつけ、事故を減らすこともすでに可能ではないでしょうか。技術の導入を義務つけるのも、商業車ならやりやすいでしょう。

 仮にタクシーが大手の法人タクシーだけなら、そうもいえるでしょうが実際には法人タクシーといっても
東京で「大日本帝国」(大和自動車、日本交通、帝都自動車、国際自動車)と言われる大手クラスから、数台クラスのところまでまちまちです。実際対応できそうなのは、大手くらいでしょう。いや、その大手でさえもできるかどうか……
 個人タクシーについてはどうしましょう。こちらは資本力については法人タクシーよりも劣りますが。

>>タクシーは高級車が多いので、自動車会社も数の減少を高価格で補えるのではないでしょうか。

 高級な車を使っているのは一部の個人タクシーくらいです。多くの場合、そんな高いグレードのものは使っていません。昔、トヨタクラウンや日産セドリック、グロリアに3ナンバーと5ナンバーがあった時代だと、下から数えたほうが早いグレード(乗用車の場合「デラックス」というグレードは最下級か最下級から数えて2~3番目)のものばかり使っていました。「スーパーデラックス」だって、下から3番目くらいのグレードです。ある程度まとまった数を売ることで利ざやを稼ぐような感じですから、そうはいかないでしょう。

>>そして免許でもタクシー免許はレベルが高いので、事故の減少にさらに貢献します。

 確かに営業用乗用車の運転に必要な2種免許は、自家用の1種に比べればレベルは高いです。2種の場合、運転技量のみならず、身体的な条件も厳しくなってきます。視力は1種の場合は、矯正視力ででもある条件をクリアできればOKですが、2種の場合裸眼視力も条件に入ってきますので、運転技量的に2種でも申し分ないとしても、身体的条件で取得できない、という事もありえます。
 言い換えれば、今1種の運転免許を持っている人がそっくりそのまま2種に書き換えできるか、といえば、ある程度限られた人数しか吸収し得ない、ということです。「失業対策」というのはメリットとしてあげられることではないでしょう。、

 さらに、タクシーが今以上に増えることで事故は減るどころか、増えることも懸念されます。事故にならなくともヒヤリハットは確実に増えるでしょう。
バスは基本的にバス停にしか止まりません(地方の交通量の少ないところだと、区間を区切ってバス停以外のところでも乗降可能なところはあります)が、タクシーは客が居ればところかまわず、と言っていいくらいに止まります。極端な例では交差点の中ですが、そうでなくても横断歩道とかバス停とか、本来なら駐車(場所によっては停車も)認められないようなところでも。もっとも、これはタクシーの運転手だけの責任ではなく、利用者も心しないといけないことですが……
 単に運転技量を上げるだけで事故は減る、というほど生易しいものではありません。自責は減るかもしれませんが、他責までは手が回らないのでは?

投稿: ごまめ | 2006.09.18 22:15

コメントありがとうございます。

なるほど、なかなか問題点も多いのですね。
運転技量の向上と技術導入の容易さを考えたのですが、そのとおりとはいえない感じですね。
またいろいろ考えます。ご指摘ありがとうございます。

投稿: 根岸のねこ | 2006.09.18 23:22

根岸のねこさん、こんにちは∈^0^∋
タクシーの利用はいいですね。
マイカーを購入するよりも、効率から言ったら、タクシーの方が断然安いと思います。
一週間に一回乗るか乗らないかと言うことなら、タクシーの方が安全と費用は格段にいいです。
 ただ、タクシーの運転手の人柄に問題がなければ、利用するのですが、どうも嫌な経験があって、余程のことがないと乗らないですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2006.09.19 10:02

根岸のねこさん こんいちは
建設的なご意見ですね。
ちょっと話がずれちゃうかもしれませんが、僕も「車を運転する人」が多すぎるんじゃないか、と思います。特に都市部に住んでいる「日曜ドライバー」のかたがたは、車を持つ必要ないんではないかと…。
また、極端な意見ですみません。僕自身、多分世間では少数派の「一生ハンドルは握らないと決めている人」ですから。
僕の場合は、視力の問題とかもありまして。

ではまた。

投稿: あゆざかけい | 2006.09.19 13:07

私の住んでいる所は田舎なので、近くのコンビニに行くのにも、車でなければ行けません。なので、この辺りの人は、大人ひとりに対して1台車を所有している人が多いです。
食料品の買出しや銀行等に行くのにいちいちタクシーを使えるのは、生活によほどゆとりのある人だと思います。
では、料金がバス並みに安かったらタクシーを使うかというと・・・買い忘れがあった時等に気軽に戻れないし、見知らぬ人と車という密室の中でふたりきりになるのは、やっぱり抵抗があります。(+_+)

投稿: まりも | 2006.09.19 21:20

コメントありがとうございます。

くまさん こんにちは。
私も嫌な経験をしたことがあります。
地下鉄1駅区間で道が分からないといって1万円近くを脅し取られたことも、NHKから渋谷駅まで早朝にNHKに止まっていたタクシーを使ったら、何時間も並んで渋谷駅と愚痴られた上、途中で降りるといったらやくざみたいに絡まれたりしたことがあります。
今思えば、すぐタクシー協会に申し出ていればよかったのですが、怖くてできませんでした。
もっとも運転手さんに聞くと、すぐ申し出ればお金も帰ってくるし、運転手もかなりのペナルティーまたは首になるそうです。

あゆざかけいさん こんにちは。
車の台数が減ることは、事故が減ることにつながるのではと思います。ただ車を持ちたい、運転したい人もたくさんいるので、なかなか受け入れられないかも。都市部だけなら、ヨーロッパのようにできるかもしれませんね。

まりもさん こんにちは。
田舎も含めてとはいかないみたいですね。しかし交通事故は田舎でも起こるので、この案は都市部の車を減らす効果しかないかもしれません。

投稿: 根岸のねこ | 2006.09.19 22:40

この前、タクシーの運転手さんに聞いたら、今交通事故の3割がタクシーがらみなんだって。本当か嘘か知らないけど、タクシードライバーさんがそういっていた。昔からのドライバーさんじゃなくて、不況でリストラでタクシー業界に入ってきた人が、余裕がない運転の上に効率を追及して無理なスピードを出したりするし、道路状況になれていなかったりして、無茶やるらしいよ。
 みんな、チャリンコに乗ろう。究極のエコだし、メタボリック・シンドロームとも縁が切れるし、みな健康で国民医療費も抑えられるし。体の不自由な人は、バスなどの公共交通機関に乗りましょう。もちろん車椅子も乗れるノンステップカーが必須。チャリで飲酒運転しても自分が怪我するのが関の山だろう・・・。

投稿: KGoddess | 2006.09.19 23:11

コメントありがとうございます。
やっぱりタクシーの運転手の方が事故が多いのでしょうか。確かに転職前の給料に近づけようとすれば、無理な運転も必要になるのでしょうね。
しかし小回りもきいて便利な乗りものなのに、残念です。

投稿: 根岸のねこ | 2006.09.20 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80757/11945575

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車社会の変革と命の大切さ:

« 飲酒運転どうやってなくすか | トップページ | 本日は疲れました »