« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.30

首輪です

今日はなんとか出勤できて、無理せず仕事をしてきました。
この調子を維持したいです。
昨日は近くの整形外科にかかって見ました。
レントゲンの結果は特に問題なしでしたが、首の牽引もやめて低周波治療と、温熱とウォーターベットでのマッサージになりました。
塗り薬も痛み止め配合になり、こんなのがあるんなら、なぜ今までの病院では使ってくれなかったのだろうとショックでした。
そしてむちうち用の首輪をしばらくつけることになりました。首がきちんと支えられるので大助かりです。
歩いたり食事したりいろいろ不便ですが、痛みに耐えながら仕事をしなくてすむので、今日は楽できました。
首の痛みから解放されたので、ゆっくり無理せずまた1日ずつ積み上げていきます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.08.28

調子が悪いまま

今朝も調子が悪く、結局会社をお休みしてしまいました。
朝起きたときから体中が痛み、結局昼過ぎまで動けない状態でした。
先週の不調は、金曜日の出勤と週末で振り切ったつもりだったので、ショックが大きいです。
とりあえずどうしたらいいか分かりませんが、いつもより早く寝るくらいしか方法を思いつきません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.08.25

今週は散々でした

今週は、月曜が糖尿病の診察と検査でした。悪化はしていませんでしたが、予定通りダイエットしていればかなり数値の改善が期待されたみたいです。減量の予定が体重が若干増えているのですから。
ただし、目の検査では異常なしでした。これはいい状況だそうです。
火曜日は首の痛みを整形外科に訴えましたが、結局注射を1本打たれました。それで首は痛くなくなったのですが、水曜日はそのためかは分かりませんが、力が入らなくなり、一日動けなくなりお休みしました。
木曜日も同様の状態でしたが、日中眠らないようにしてすごしました。
今日、金曜日は普通に出勤して仕事をしましたが、夕方がメンタルの受診のため、早退しました。
結局、トラブル続きの1週間でした。土日しっかり動いて、来週に備えます。

ちなみに先週は、16日から出勤でした。16、17、18日は休みの人も多かったので、ゆっくり仕事ができるはずだったのですが、むしろはかどってしまいちょっと疲れたのかもしれません。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.08.24

ゲド戦記(BlogPet)


映画館のクレジットカードEdy付きを持っていることが
午後はポイントと内容や、端末などを我慢しなかった事が原作とかをジブリのアニメに期待する緊迫感とスピード感が難点です

予約済みだと、アニメを専用したかった、残念を先週見ました
前回はこの時期に体のが難点ですが、ネットで
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こねこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.20

今週末は眠っています

疲れているのでしょうか。昨日は一日眠り続けてました。今日もさっきまでやっぱり眠ってました。
16日から3日間仕事でしたが、大半の人が休みだったので、のんびりできると思っていました。でも休みは割り込みがかからないので、仕事に没頭できてしまいました。それが疲れの理由かも知れません。

金曜日の夕方は、「森のリトルギャング」を見てきました。
やはりアメリカのアニメは違いますね。いい動きと絶妙のギャグ、絵の細かさには驚かされます。
そしてストーリーは単純なのによく心に響くいい作品でした。

今週はDVDで、「頭の中の消しゴム」という韓国映画を見ました。
日本の「明日の記憶」と似た作品ですが、こちらは若い結婚したばかりの女性が主人公です。
視点は結婚相手の若い男性で描かれており、前半をその楽しい結婚までに割いていて、幸せをこれでもかと盛り上げておいて後半の不幸につなぎます。
後半の不幸の描き方がまたよくて、とてもいい作品でした。典型的な作り方なのですが、とても感動が盛り上がるように出来上がっています。
うまく表現できないのですが、とてもいい作品なのでまた見るつもりです。

レバノン侵攻は、なんとか停戦にたどり着きました。まだ揉め事はありそうですが、イスラエル軍は撤退しているのでよかったです。
しかし停戦が決まってからその時間が来るまでに、攻撃は最大規模になり、たくさんの人が亡くなりました。
無駄に命が失われる戦争はまだまだなくなりません。
日本でも戦争をしていい場合を一生懸命に検討しています。50年以上の平和で戦争の悲惨さを忘れています。
戦争にならないための外交努力を続けることが何より大切です。その上での非常な事態への準備としての検討であることを忘れないで欲しいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.08.14

合理化社会の落とし穴

あゆざかけいさんからいただいたコメントから、例のプール事故が現在問題になっている合理化社会(コストを極限まで小さくして、価格を下げるための競争社会)の問題面が露呈したものであることを再認識させられました。

今回のプール監視の下請けも、足りない手を補う下請けではなくて、コストダウン(原価低減)のための下請けだったと思います。そして下請けに出す側は、当然きちんと仕事をやってほしいと言いつつ、低い単価でやらなければ下請けを切り替えてくるわけです。
下請けを価格で替えるのが問題と思う人もあるでしょうが、現在の競争の中ではそれを行わない方が悪になるのです。1円を削る努力をせずにいるプロジェクトがいれば、それは当然マネージャーの原価意識の不足と捉えられ、そのマネージャーは低い評価を受けることになります。

そうして低い価格を提示して下請け発注を得られた企業でも、当然最初は低価格でやるための工夫を行います。
作業方法を改善したり、少しでも少ない要員で多くのことをカバーできるマニュアルの改訂をしていきます。
しかし工夫にも当然限度があるので、見えない部分の手抜きや単価の低いパート、派遣、アルバイトの導入を行っていきます。そうしてでも単価の引き下げを行わないと、発注する側のマネージャーの原価低減対策についていけないということで発注してもらえなくなるからです。

当然アルバイトに要求できる「意識」が、社員に比べ限られたものになるのは当然です。貰うお金が違うのですから。そしてそれを補うものとしてマニュアルが存在するのですが、汗水たらして作られた合理化されたマニュアルは、一般に要求度が高くなっている上に、当初作業をしていた問題意識のある社員向けに作られているのですから、アルバイトの人に常識でないことが常識としてかかれていないことがありえます。
しかも、アルバイトの人は、指示された範囲内でいかにてきぱきと仕事を消化するかを求められるので、もしこんな普段おきないことがあったときどうすればいいのかを考えるような人は、逆に向かない人として淘汰されるのではないかと思います。

たとえば、コンビニの例であれば、店内で震度6以上の大地震が起きたときに、こぼれた商品をどうすればよいかとか、殺到するお客に対する対策などを、いちいち店長に聞くアルバイトがいたら、多分「目先の仕事をさっさとやれ」と怒られるでしょう。
例のプールでも、本来外れない排水口のふたが外れた場合や、そこに人が挟まれた場合の処置などを細かく聞いてくる人よりも、監視業務をしながらやらなければならない他のことをてきぱきやる人の方が、アルバイトとしては評価されていたのではないでしょうか。
そして突然予想外のことがおきると、予想外なだけになにもできない人が多いのではないでしょうか。私でもマニュアルに細かく規定されていなければ、また最初に訓練がなければ、とっさの事態に反応できなかったと思います。

そう考えると、監視員の質が悪かったという議論は的外れで、構造的に条件が整えば必ず事故が起きるという、工業におけるマーフィーの法則が成り立っているということでしょう。こういう問題をマニュアルだけでつぶすのは、もぐらたたきに近いもので、次は別の事故が起きる条件が整うのを待つだけなのでしょう。

合理化社会の新しい問題点に囲まれて、私たちは日々の生活をしなければならないというのは、明らかにいままでより「危険」の大きい社会で生きていくということなのでしょう。
そして、合理化の行き過ぎが何度も繰り返されて、たくさんの犠牲者が出てもなお、根本原因が理解されるまでは、犠牲は続くのでしょう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.08.13

ゲド戦記

昨日の午後に映画館に出かけてゲド戦記を見ました。

よく行っている映画館では、チケットをインターネットで予約、購入することができます。
映画館のクレジットカードEdy付きを持っていることが条件です。いくつかのスクリーンにあるリクライニング付きのシートも同じ値段で予約できるし、ポイントも貯まるのでなかなか便利なシステムです。
当日の予約ができないことと、体調が悪くなっても一度予約するとキャンセルできないのが難点です。
予約済みだと、映画館に行ってから、専用の端末で発券する仕組みになっていて、列に並ばずに映画を見ることができるのが一番便利です。

ゲド戦記は、いい内容だとは思うのですが、ジブリのアニメに期待する緊迫感とスピード感がなかった事が残念です。前半がゆっくりした展開だったので、後半でテンポが速くなることを期待していたのですが、同じような感じで終わってしまいました。
妻は感動して、いい作品だといってました。私は物足りない消化不良の感じを受けました。
この物語は原作があってかなり長編だそうですから、そのあたりに無理があったのかなと思いました。

パイレッツ オフ カリビアンの2度目を先週見ました。2度目ではとてもいい感じでした。1度目は印象が、2度目では緻密さが分かるといつも思ってますが、今回は2度目でもとても感動しました、3度目を見に行く相談を妻としようと思っています。

メンタルの病気の方はいま安定期に入ったようです。前回はこの時期に体の痛みが強まったり、焦って仕事を増やそうとしたりしました。今回はペースを変えずにまず会社にきちんといけることを第一にして、のんびりがんばることにしています。
今回は体の痛みのかわりに、首の痛みが起きています。アクシデントはいろいろ起こるでしょうから、慌てず我慢せずゆっくり向き合っていこうと思ってます。他の人よりペースはゆっくりですが、焦らずがんばりたいです。

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2006.08.10

この頃DVDを観てません(BlogPet)

きょうは、根岸のねこはここに開発するはずだった。
ここまで要望したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こねこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

今日からお休みです

お休みを前半にしたので、今日から15日までがお休みです。
いつものことですがお金が無いので、旅行とかには行きません。ホテルに泊まって観光とか行きたいのですが。
今日は疲れていたのか、この時間まで、断続的に睡眠をとってしまいました。やっとパソコンを開けました。

このところお出掛けは映画館が多いのですが、他にも行きたいとこないのかなと思っても、ゆっくり安く楽しめるところって意外に思いつきません。日帰りでも遠出すればいいのですが、長時間の電車移動は事情でだめなので、近場でゆっくり楽しめるお出掛けをと思ってしまいます。また車を持っていないので、ドライブはそもそもありえないのです。
天気がよくなったら、近場の駅の周りを一個ずつ回って見るのもいいかなと思っています。意外に楽しいところがあったりして。難点は食べるのが2人とも好きなので、私の糖尿には悪いかもしれません。
まあ映画は安くて楽しめるので、一番いいのですが。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.08.05

この頃DVDを観てません

やっと週末にたどり着きました。
今週は、月曜日に体調が悪くなり休んでしまいました。一日完全休養で寝ていました。
いつも朝6時に起きるようにしているのですが、起きた後、体が動かない時間が長くて、どうしてもぎりぎりの時間になってしまいます。遅刻も2回ありましたが、あまり気にしないようにして、1週間を終えました。
時間がぎりぎりだと、朝歩くのがつらいので、どうしても電車で会社まで行ってしまって、片道20分の歩く時間が作れません。これからもっと暑くなるので、なんとか朝の歩行運動を続けたいです。

この頃DVDが観れません。会社から帰った後、観ようと思うのですが、体の疲れがあって音楽を聞くだけになってしまいます。今週は自分のブログに返事するだけになってしまいました。
週末は少し他のブログも回れたらと思います。

追記:
女の子がプールで溺れた事故で、くまさんの記事を見て、マニュアルだけではだめだと思う反面、マニュアルの整備が責任の重さを大きく変えるところが大きいと思いました。
私はコンピュータシステム開発の際に、お客様がしたいことを要件としてまとめますが、この作業の中でお客様の要望を漏れなく文書化することは、なかなかうまくいかないものです。
これからは、分析とマニュアル作りも重要な産業になっていくのでしょうね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.08.03

1ヶ月ぶりに休みました(BlogPet)

根岸のねこが
(2)ちょっとに「自衛隊」が存在していることを踏まえて、「憲法に合致する治安兵力」と「国際貢献のための、国際救助隊的な組織」な組織に、「自衛隊」の装備を変更する。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こねこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »