« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.30

今週は首が痛いです

いつ頃からか、肩こりが首の付け根の痛みになり、月曜日に耐えられなくなって、会社の近くの外科を探して受診しました。
何枚かレントゲンをとられた後、診察があり、多分痛み止めの注射を受けました。
その翌日にくるように言われ、シップをもらいました。

問診にはシップにかぶれると書いたのですが、一応試して見ようということになり、帰ってからシップを貼ったのです。気持ちよいのですが、案の定、翌日には真っ赤に皮膚が荒れていました。

翌日の診察で、リハビリと塗り薬のシップで試そうということになり、首を吊り上げられる機械と、肩を温めて振動を送る機械を10分ずつ使ったリハビリを受けました。
木曜にもう一度リハビリを受けようと思ったのですが、午後が休みで、今日もメンタルの受診があるので来週にまた行って見るつもりです。

今も首と肩が痛いのですが、治療も始めたので我慢してやっていきます。

昨日のココログは半端でない重たさでした。このところ一時ほどではないですが、管理画面の操作が辛いです。
昨日も記事を書こうとしたのですがあまりの重さにやめました。
よくなったり悪くなったり、なかなか泥沼みたいです。

今、私は日中、暇なときがたくさんあります。
何度か仕事を回してもらうアクションを起こそうかと迷いましたが、前回の失敗を考えると、まだ仕事を増やすより毎日の積み重ねをのばしていく方が大事だと思い直してます。
つい忘れてしまうのですが、まだ無理をすれば調子が急速に悪化する可能性もあります。
ここは充電と思って、もう少し日々の積み重ねを最優先にしていこうと思っています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.06.29

不調です(BlogPet)

きのうこねこが、人を決定したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こねこ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.25

久しぶりの映画でした

今日は久しぶりに映画に行ってきました。
妻の希望で今日は「デスノート:前編」を観てきました。
同名のコミックが原作で、それを実写映画にしたものです。

内容は、ノートに名前を書くことで人を殺せるという物騒な話なのですが、全体がさらっとした感じで出来上がっていました。
内容も悪くなかったのですが、やっぱり2時間の映画に圧縮することに難があったようです。
主題として大事な、人の死を扱うというのがいいのか悪いのかという葛藤を、もう少し丹念に描いてくれればと思うのですが、あの時間で描ききるのは無理なんでしょうね。

今日はココログがなんとなく重い感じがします。この記事をちゃんと格納できるか心配です。
このところ私のブログと管理画面は順調だったので、がんばって動いて欲しいと思っています。

この頃、電車のドアを開けている時間が急に短くなったような気がします。
特にJRと乗り入れしているある私鉄線では、とても急いで乗らないとドアが閉まってしますのです。
新路線の増加でだいぶ混雑緩和ができてきてるはずなのに、また人が増えてきてるのでしょうか。
都会は便利なのですが、朝のラッシュのとき、私たちは物扱いされているなと思えるのです。
多分外国では、人が体をくっつけあうほどの混雑は、だれも耐えられないのではないでしょうか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.06.21

不調を脱出しました

昨日、今日と、なんとか回復しました。
昨日はまだ朝出かけるときにかなり辛かったのですが、仕事を始めてからは順調に回復しました。
今日は、朝から順調で、会社の下のVie de Franceでモーニングセットを食べて、始業の30分前に勤務に就けました。会社について、朝食後、30分から15分前にいければいつもの時間なので、調子が戻ったと思います。

依然として肩こりというか、首の痛みに発展している痛みは引かないのですが、無理せずいつものペースでと思ってます。

ここ数日は北朝鮮のテポドン2号の問題がニュースで大きく取り上げられています。
北朝鮮は発射の猶予と引き換えにアメリカとの直接会談を望んでいるみたいです。
ならばアメリカも会談を行えばいいのにと、戦争の駆け引きが嫌いな私は素朴に思っています。

日本は、安部官房長官が発射したら経済制裁だとまくし立てています。
日本に向けてミサイルが発射されるのは不愉快ですが、日本領海に落ちなければ攻撃されたわけではないので、経済制裁はかなり行き過ぎの感があります。むしろ、日本人拉致の方が日本人の生命に直接介入してきているのですから、制裁するならこちらの方が先でしょう。
安易にアメリカの味方としての制裁を行っていると、当の韓国までも現状維持を方針にしているのですから、「米朝会談で一致」というスクープ記事を見て、米中国交正常化のとき見たいに、アメリカにコケにされるのではないかと、心配しています。

いずれにしろ日本をまたいで飛んでいくミサイルですから、厄介であることは間違いないですね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

ダビンチコードで賑わっていました(BlogPet)

今日、根岸のねこが

えーと思い、最新コメントたまにをしてみると、最新記事が出てきて正常なたまにになります。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こねこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.19

不調です

朝から不調で、今日は会社をお休みしました。
先ほどまでずっと眠っていました。

昨日のクロアチア戦は残念でした。中田の言うように、昨日は勝てる試合だったと思います。
やっぱり決定力の不足が大きいですね。
クロアチアのスルナのように、テレビによく映る日本選手がいませんでしたね。
スターになる若手選手の養成がこれからの課題なのでしょう。
なにはともあれ、まだ負けたわけではないのですから、精一杯ワールドカップを楽しんで欲しいです。

日曜日の帰りに駅に救急車が来ていて、駅員の人が気分の悪い人の方へ救急隊員を誘導していました。
駅前交番の前を通ると、交番のおまわりさんは机に向かって一生懸命なにか書いていました。
なんでもない光景ですが、近頃こういう光景をよく見ます。
目の前の交差点で事故があっても、救急車が聞こえる距離に来ても、何があったのか確か目にいく警察官の姿を見ることが少なくなりました。
私は一度警察署の前でバイクが転倒しているのに警官の姿がなく、警察署に事故ですよと伝えると、だからと聞き返されたことがあります。危うく怒鳴りつける前に年配の警官が出て行って、転倒している人に大丈夫か聞き始めたので、そのままぷんぷんしながら立ち去ったことがあります。
日本の危機管理意識が低いのを象徴する光景でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.06.17

仲良しが一番

今週の木曜日に、久しぶりに動けない状態になりました。
なんとか会社に連絡して、でもそのあとはよく朝まで食事もとれずずーっと眠っていました。
金曜の朝、妻は心配に疲れていて、私も会社に行くのがやっとだったのです。
帰宅後から、先ほどまで、家庭内別居とも言える状態になっていました。
いつも思うのは、喧嘩をする前に、喧嘩が非生産的なことを理解して止めればいいのですが、今回も喧嘩のあとに辛くて、やっと仲直りできてほっとしています。

喧嘩をするのは簡単だけど、そのダメージはつけとして帰ってきます。その上自分の性格が、仲良しが大好きなので、他の夫婦よりダメージも大きいのです。ですからいつものことですが、喧嘩はおろかであると心に深く刻み込むねこでした。

ワールドカップもどんどん進んでます。日本は初戦は残念でしたが、どちらにしろ勝たなければ決勝進出は無いのですから、次を初戦のつもりで勝ちに行けば十分です。

話は変わって、イラクでは同じイスラム教のシーア派とスンニー派で、パレスチナでは、穏健派のファハタと急進派のハマスが、戦っています。
イスラム教ではシーア派とスンニー派は同じ仲間であるにもかかわらず、お互いのモスクつまり教会を破壊して、アラーの神は果たして喜ぶのでしょうか。私はコーランを読んだことはありませんが、大体のところ、キリスト教やユダヤ教の聖書とほとんど同じ内容だと聞きます。多神教の日本の仏教やインドのヒンズー教などより、よほどキリスト教やユダヤ教に近いのです。
宗教を大切にするのであれば、キリスト教の国のアメリカやイギリスなどと近いのですから、協力して新しい平和な国を作ればよいのにと思ってしまいます。

一方、パレスチナ解放戦線の2つの派の殺し合いはこれまた納得できません。
統一したパレスチナを作ろうという同じ目的の団体が、派閥同士で殺しあっていたのでは、国際社会からも孤立します。
意外と知られていないのですが、イスラエルにもアラブ人はいますし、パレスチナ解放運動のなかにもユダヤ人はいます。
歴史は植民地にした西洋人のためにねじれてますが、歴史的にはイスラエルもパレスチナ解放運動の人も、同じパレスチナ人で、植民地から脱するべく、協力して国作りを行ってきたのです。
過去の怨念はものすごいのですが、せめて派閥での殺し合いはやめて、共存の道を模索してはどうでしょうと言いたくなるこのごろです。

イスラム教地域が実際に不安定で、世界的にもイスラム教徒への警戒のイメージができてきています。
ただ問題になるテロリストは、ほんとのイスラム教徒ではありえません。
オサマビンラビンを見ても分かるように、彼らの出身はむしろ安定しているイスラム国家の裕福な人たちです。
彼らは自分達の国の中で出世ができなかったり、王族として報われなかった人たちです。
彼らのテロは、ニューヨークの911テロを見ても分かるように、ただ世の中に混乱を起こし、その混乱が中東地域に飛び火したとき、自分たちが王様になれるのではという、欲得でのテロなのです。
テロにいい悪いはありませんが、ただそう乱を起こすことだけが目的の、このテロリストたちには、神様の慈悲などまったく必要ではなく、そして与えられないと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.06.14

たまに調子の悪いココログ

月曜日に自分のココログを開いて見ると、まったく知らない人の記事が1番目に表示されていました。
しかも最新記事がなくなっていたのです。
えーと思い、最新コメント表示をしてみると、最新記事が出てきて正常な表示になります。でもトップページを表示すると、また他人さまのページが出てくるのです。
とりあえず記事はなくなっていないようなので一安心し、ココログ問い合わせに現象を書いて対策を要求しました。

よく考えると、記事は残ってるけど、私のページに来ていただいても最新記事は表示されず、その記事をクリックすると他のページに行ってしまうのではちょっとまずいかなと思いました。コメントもしてもらえないし。
とりあえず、ブログが壊れてますという記事をを書いたら、登録すると正常な画面に戻ってしまいました。
もう一度現象を起こそうとしてもおきません。そこで新規登録した記事を削除すると正常です。まあよかったとそのままにしていました。

昨日、ココログから返信があり、この現象は他の会員でも起きてますから、そのときは記事をダミーで登録してくださいという内容でした。早急に対処するそうです。
だったらココログのトップ画面にでも書いていてくれたら驚かなくてもすんだのにと思いましたが、まあココログですから仕方ないから、もう起きないといいなと思ってます。ちなみに障害時に出ていた人のページは今更新がとまっています。また更新してきたらまた起こるのか不安です。

賞与の記事は、ちょっと反省してます。みんな大変だということを忘れて書いてしましました。
同じように病気から復帰している人、現在休職中の人でも、賞与が少なかったり支給されないことがあります。
つい上を見がちですが、いまの自分を見直して、自分は恵まれているんだということをしっかり感じました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.06.10

少ない賞与

賞与の面談がありました。

私は昨年度下期は12月からの復職だったので、出勤していない部分があるため最低評価でした。
したがって、もらえる賞与も最盛期の4分の1くらいでした。
家計への影響は大きく、妻はパニックで喧嘩に発展し、金曜日は結局会社に行くことを途中であきらめました。

妻はどうやって暮らしていくかで、私は少ないとはいえ、そこまで言わなくてもと思い、結局妻が電話で両親に訴えている間に木曜日は寝てしまい、金曜の朝に言い合いになって、結局出勤したものの、途中、電車の遅延と混雑で気持ちが悪くなり、休むことになってしまいました。

金曜の夕方までに話し合って落ち着いたのですが、また深夜前に争いになり、私が怒ってそのあと仲直りでした。

これから、禁煙や会社での日中の飲み物など、できるだけ削減しようと思ってます。とはいえ、お酒を飲みに行くことはないので大口の削減もなく、これから映画に行くことを少なくするしかないと思ってます。

年末の賞与ではまず普通の評価に戻すことをがんばりたいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

無事に初日(BlogPet)

きょう、根岸のねこのレスポンスサービス♪
ここへサービスしなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こねこ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.07

問題なしでした

今日、糖尿病で通っている病院に行き、脳神経外科の診察を受けました。
結局、特に異常は無いということで、ほっとしました。

このところスバムやわいせつ系のメールが多くて困っています。
ウイルスバスターの迷惑メールのふるいわけ機能も、発信側が細かくタイトルなどを変えてるからでしょうか。半分程度しかかからないので、受信トレイに必要なメールと迷惑なメールが混在するため、つい問題の無いメールまで消してしまいそうな状況です。
できるだけメールのふるいわけをして、必要なメールは受信トレイにたまらぬように苦労しています。

スバムなメールを駆逐できれば、ネットワークもかなり楽になると聞いています。世界中の警察で協力して駆逐できないものでしょうか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.06.03

このごろDVDを見ていないです

昨日は受診日で脳の輪切り写真を病院にもって行きました。
あまり問題はなさそうなのですが、念のため大きい病院で写真を見てもらうということで、紹介状をもらって帰りました。
来週、病院に電話をして予約を取ろうと思ってます。ちょっと不安。

このごろDVDを見ていません。どうしても平日は音楽を聴くだけになってしまいます。ちょっと疲れ気味でもあります。肩こりもどんどん進んできていて、ちょっと辛いです。
今、DVDは「必殺仕業人」と「新スタートレック第3シーズン」「フルーツバスケット」「姫ちゃんのリボン」「スターゲート第4シーズン」の5種類のTVドラマとアニメを順繰りに見ていってます。
どれも面白いのですが、アニメを除きドラマは約1時間かかるので、平日はやっぱり辛いです。
今は遅くても1時には床に入っているようにしたいので、なおさらです。

先週、今週と会社へは問題なく出勤して仕事もできています。
もっとも仕事の方は打ち合わせへの出席がおおくて、ゆっくり暇なレベルです。前は暇だと焦りだして余計な仕事を作ってしまったのですが、今回は前の休職の経験を生かして、からだが大丈夫になるまでは控え気味にしています。
それから、朝の出勤の時間をなんとか30分繰り下げるようにしようとしています。なかなか成功しませんが、45分以上前に出て、仕事を始めれば30分の残業になりますから、将来の残業に備えたいと思っています。

うちの会社もクールビズになりました。ネクタイと上着が無いのは楽でいいです。どうしても太っているからでしょうか。暑いのは苦手ですから便利な制度ができたと喜んでいます。もっとも出張があればお客様次第なのですが、私は今は会社内だけですから、上着は秋までお役ごめんです。

このところ天気が悪い日もあるので途切れがちですが、片道20分の徒歩通勤はうまく定着しました。
ほんとは、20分以上の散歩がさらに効果的なのですが、毎日続かないので今の運動を継続していきます。
来週も会社でゆっくりしよう。(不謹慎なのですが)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »